×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アクセスアップ相互リンク

アクセスアップ相互リンクではGoogleでのキーワードで相互リンク・アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン・サーチエンジンで検索結果1位から90位までの優良サイトを御紹介する目的で作成されています


SEO対策、HP宣伝、アクセスアップには、相互リンクや検索エンジン登録が一番効果的です。
でも、相互リンクを集めるのって、結構大変ですよね。
そこで、「SEO対策アクセスアップ相互リンク」では、
相互リンクを集めるのに とっても便利な相互リンク登録サイトを集めました。
HP宣伝、アクセスアップに、どうぞご活用ください。

各ページでの優良サイト様のリンクには紹介文も記入されています

検索結果1位から90位までですから有名なサイト様ばかりで登録申請される方にもお薦め致します。

GoogleでのキーワードでSEO対策(検索エンジン最適化)のページを追加しました

なぜ90位まで?御存知の通り「ウェブマスターのための Google 情報」で
1 つのページに表示されたリンクの数を適切な数に抑える (100 未満)。 と記載されている為

相互リンク アクセスアップ 検索エンジン サーチエンジン 検索エンジンリンク集 リンク集 規約・免責事項

相互リンクの2 SEO対策

Google

SEO対策に役立つ無料オンラインツールの紹介です。

URLランキング & 被リンク数検索 SEO対策 検索ツール

サイト インデックス キャッシュ検索 SEO対策 サイトインデックス検索ツール

キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録

  HOME
Web検索 100件 日本語のみ SEO対策相互リンクで検索


Web検索 100件検索 SEO対策相互リンクで検索

SEO TOOLS

FC2 SEO対策 - キーワード出現率チェッカー

サイバードラゴン-バックリンク数チェッカー

Live PR | Live Pagerank | Check Your PageRank | PageRank Checker

Future PageRank - SEO Tools - Search Engine Optimization, Google Optimization

SEO対策ブログパーツ - MSN/Yahoo/Google用 SEO Stats

検索キーワードチェックツール

Google Dance Checker

Search, Engine, Optimization, Google, Optimization, -, SEO, Chat

Google・Yahoo!(YST)・MSNの順位を検索

ロボット型サーチエンジン対応状況セルフチェック 一発ロボ

ダウンロード時間測定

ページ内リンク数チェックツール

Googleリンク数チェックツール

■Another HTML-lint
HTML文書の文法をチェックしエラー内容を詳しく表示します。


SEO検索エンジン最適化
貴方のサイトを診断します
ホームページのURLを入力してください。ファイル以外は、"/"で終わるように記入してください。
例)
http://angel-god.com/
キーワード出現頻度解析

検索エンジンロボットシミュレーター
   HTMLタグ利用状況解析
HTMLタグ利用状況解析ツール
   リダイレクト検証
リダイレクト検証ツール
   robots.txt解析
robots.txt解析ツール
   アウトバウンドリンク解析
アウトバウンドリンク解析
   HTTPヘッダ情報解析
HTTPヘッダ情報解析ツール
   ファイルサイズ計測
ファイルサイズ計測ツール

かっぱグループ検索エンジン( 限定50サイト )登録の状態をチェックできます。
  サイトURL   


相互リンク

SEO対策相互リンク

検索エンジン登録代行

相互リンク

アダルト関係以外ならどんなジャンルのサイトでも相互リンクをお受けしますホームページの規模も問いません アフィリエイトサイト個人の方のホームページも歓迎しますお断りすることはありませんお気軽にお申し込みください ただし、下記 (1)〜(2)に該当する場合は、相互リンクはお受けできません。 (1)リンクを掲載しているページ(1ページ)の発リンク(内部リンク含む)が100を超える場合 (2)アダルト関係、公序良俗に反するもの法律違反と思われるサイトの場合 相互リンクは何のためにやるの? 「相互リンクしても、アクセスは増えないし手間が掛かる割に売り上げに結びつかないから意味ない・・・」 「ジャンル分けされていないリンク集はリンク集の価値がない・・・」 そのように考えている人いませんか? 実は、相互リンクの意味は、もっと重要でした!現在、インターネットユーザーの85%以上は、 目的のサイトにアクセスするための手段として検索エンジンを使用しているといわれています。 検索結果には何万、何十万ものサイトがヒットします。 ほとんどの人は、検索結果で出てきた最初のページか、 その次のページの中から欲しい情報が載っていそうなサイトを探しています。 検索エンジン利用者の70%は、 検索結果の2ページまでしか見ていないという調査結果が出ています。 Googleなどのロボット型の検索エンジンの場合、上位表示は、リンクの数と質で決まります。 「他のサイトから沢山リンクが貼られているサイトからリンクを貼られれば上位表示される」 「リンクの少ないサイトからリンクを貼られても数が多ければ多いほど上位表示されるのです。」 「どれだけ他のサイトからリンクが貼られているか」が重要なのです。 「ジャンル分けされていないリンク集はリンク集の価値がない・・・」という考え方の人もいますが、 それでは、ジャンル分けされたリンク集からリンクされてアクセスアップしましたか? 「なぜ相互リンクが必要か?」考えたこと有りますか? 訪問者が増えるからですか? それでは、その訪問者は、どこから訪問して来るのですか? 無名の一般サイトの、 小さく並べられたバナーやテキストをどれだけの人がクリックして見ますか?大手サイトのバナー広告でさえ、クリック率は低いものです。 一般サイトのリンク集の場合、見ている人が極めて少ないというのが現実です。 よく「自分のホームページと他の人のホームページを相互に紹介しあうことで訪問者を増やすのが相互リンクです」 と言っている人がいますが、しかし現実にはリンク集を見ている人はほとんどいません。訪問者は増えません。 相互リンク先からの訪問者は期待しないほうがいいです。めったに相互リンク経由では訪問者は来ません。 よほど目立つところにリンクされない限りアクセスはないと思ってください。では何故相互リンクが必要なのか? それはSEO(検索エンジン対策)の為です! Google、Yahooといった大手検索エンジンのランクを上げるために相互リンクするのです。 相互リンクの本当の効果は検索エンジン経由の訪問者を増やすことにあります。 相互リンクを行って、その結果、検索エンジンで上位に表示されるようになれば、確実にアクセスアップします。 このような現状から、これからの相互リンクはSEO(検索エンジン対策)を目的に行うのが主流になると思われます。 相互リンクの盲点 相互リンクは上位表示に効果がありますが、ただし相互リンクすればなんでも良いというわけではありません。 リンクを組む相手のリンク集が良質なリンク集でなければ効果は半減します。リンク集によっては、全く効果のない場合もあるのです。 良質なリンク集とは、リンク集のページランクが高くて1ページのリンク数が少ない所です。 ページランクが高くても、1ページのリンク数が多過ぎると効果は低くなります。 1ページのリンク数が、自サイトのリンク数も含めて100件以内のリンク集が良質なリンク集です。 よく1ページのリンク数が100〜400件ぐらいあるリンク集がありますがリンクの数が膨大になればなるほど付加ポイントは減りますから、 そういうところと相互リンクしてもSEOの効果はほとんど期待できません。 1ページのリンク数が多くなり過ぎると、付加ポイントが減るだけでなく、 検索エンジンの巡回ロボットが全てのリンクを巡回してくれなくなります。 例えばGoogleではガイドラインで「1ページ当たりのリンク数は100未満にすること」が推奨されています。 多くのSEO専門業者が言っていますが、実際には100でも多過ぎる、50〜60以内が良いと言われているのです。 100というのは、最大の数字であり100でも巡回ロボットが全てのリンクを巡回してくれない場合があると言われているのです。 巡回ロボットが巡回してくれないということはページランクにも影響を与えないし、リンクとしてカウントされないということです。 つまり、1ページのリンク数が100件以上あるサイトと相互リンクをしても、なにもやっていないのと同じだということです。 そういうサイトといくら相互リンクしても無駄な骨折りになるんです。 ※1ページのリンク数とは、外部、内部リンクに関わらず、そのページに貼っているすべてのリンクの数です。 重要なことはリンクしている数です。リンク集(1ページ)のリンク数が多いほど相手サイトに与えるリンクの影響は小さくなります。 Web マスターのためのGoogle情報 には「ひとつのページ内に含まれるリンクの数を適当な数に抑えます (100 未満)」という記述があります。 これは自サイト内のページのリンクも含めるので、実際には相互相手へのリンクは100もできないと考えてください。 ※リンク集を設置するときには1ページに置くリンクの数は内部外部合わせて100未満にしましょう。少ない程良心的なサイトです。 多すぎるとリンクの価値が低くなります。 (例)、相互相手先100件前後+自社のページへ50件前後のリンク集をよく見かけますが、 この場合は1ページのリンク数は150になります。150では1ページのリンク数が多すぎますので、 Googleの巡回ロボットが全てのリンクを巡回してくれなくなります。SEOの効果もありませんので、このような場合は、 リンク集を複数のページに分けて1ページのリンク数を100未満にしましょう。リンク数は少なければ少ないほど良いです。 相互リンクを依頼する場合や受ける場合は、相手のリンク集のページランクが高くて、他サイトへのリンク数が多くないところが好ましいです。 リンク集(1ページ)のリンク数が少ない所と相互リンクを組んだ方がSEOの効果は高くなります。 また、構造上 Googleにインデックスされていないリンク集もありますので、相互リンクを依頼する場合や受ける場合は、 相手のリンク集がGoogleにインデックスされているかどうか確認した方がいいです。 構造上 Googleにインデックスされていないリンク集とはフレーム、CGI(動的ページ)階層の深いリンク集、メタタグにnoindexを設定している リンク集などです。 SEOを目的に相互リンクを行う場合は、フレームのリンク集は注意が必要です。 リンク先がGoogleにまったくインデックスされていない場合もあるからです。フレームの使用は検索エンジンに好ましくないとされています。 多くの検索エンジンはフレームの各ページを正確に認識することが難しいからです。 基本的にフレームを使用しているサイトとの相互リンクは避けた方が無難です。 Googleページランク表示について Googleのページランク表示は、3〜4か月に一度ぐらい(不定期)しか更新されませんので、 ページランクに表示されている数字は前回更新時時点の数字です。 ページランクはGoogle内部では2週間に1回程度の割合で更新されているようです。したがって、 現在表示されている数字だけでは判断できない面があります。ページランクは状態により常に変動するものです。 ページランク表示は一つの目安にはなりますがページランク表示の数字だけで判断しない方が良いと思われます。 当サイトはSEOを目的に相互リンクを行っていますので、SEOの効果が期待できない場合は、受けてもしょうがないからです。 今までに数多くのリンク集を見てきて分かったことがあります。 それは現在日本で相互リンクを行っているサイト(リンク集)の約50%はSEOの効果はないということです。 その理由は、相互リンクを行っているサイト(リンク集)の約30%は、1ページのリンク数が、100〜400件ぐらいあるからです。 他の約20〜40%はサイトの構造上リンク集(リンク先)がGoogleにインデックスされていないからです。 SEOを目的に相互リンクを行っている人達にとっては、この事実は重大な問題です。 今まで漠然と相互リンクを行っていた人も今後は真剣に良質のリンク集を探さなければならなくなるからです。 相互リンクを依頼する場合も受ける場合も相手のリンク集をチェックしなければならないからです。 SEOを目的に相互リンクを行っている人は今後はリンク集をチェックしてSEOに効果のあるところだけと相互リンクを組む必要があります。 SEOの効果が期待できないサイトと相互リンクしても無駄になるだけです。 全く効果のない相互リンクでしたら、やらない方がいいからです。

ワンクリックで新しい世界の窓を開く、新感覚WEBサイト集「OSN」

殿堂入りWEBサイト集 WEBの殿堂

スピード相互リンク

おすすめリンク集

リンク集


アクセスアップ相互リンクのトップページへ


ブログパーツ